カラコンの構造!製造方法の長所と短所を理解して安心安全を手に入れよう!!

製法

直接目に触れるものだから当然負担がかからないカラコンを使いたいですよね。
安心安全にカラコンを利用する為には「製造方法」が一番大切だといわれています。

見た目やかわいさなどデザインに意識がいきがちですが
目の病気にはなりたくないですよね!

ここでは安全なカラコンを選んでもらう為に
製造方法をいろいろとご紹介したいと思います!

サンドイッチ製法

カラコンの色素をレンズとレンズの間に流し込んで挟み、
カラコンを作成する製法です。

長所 … 色素が直接目に触れることがなく色素の流出を防ぎます。
その事で角膜が炎症を起こす可能性が低くなり

短所 … 2枚のレンズで挟むためにレンズは厚めになりがちです。
そのため、装着感がゴロゴロする場合があります。

フルキャストモールド製法

フルキャストモールドはサンドイッチ製法の後に開発されたもので
一枚の透明レンズの中に着色レンズを包み込むようにいれた製法です。

長所 … 色素部分をしっかりとコーティングしており、着色料が漏れ出て
角膜に付着する可能性が低いです。また薄いので着け心地がイイです。

短所 … レンズの元の素材と着色を混ぜてから製法するので、
かなり精密な技術が必要!その為に費用もかかりますが、
不良品だった場合は着色料が目に流れ込む危険性もあります。

スピンキャストモールド製法

回転する円状のくぼみの中にレンズの素材(液体状のもの)を流し込んで
遠心力でレンズを作る製法で回転中にカラコンの着色料を流し込んで
レンズ内部に着色料が入ります。

長所 … サンドイッチ製法に比べて中心部がやや薄めになっているので
目に違和感や圧迫感はほとんどなく、酸素の透過しやすいです。
また、着色料はレンズの中に閉じ込められ、直接目に触れる心配がないです。

短所 … 不良品だった場合は着色料が目に流れ込む危険性があります。

キャストモールド製法

レンズの素材と着色料を専用の機器で混ぜてレンズを作成する製法で
色素が直接目に触れないように、しっかりとコーティング(ラップイン)してから
レンズ素材に流し込みます。

長所 … 薄くて柔らかいレンズとなる為に着け心地が良いです。

短所 … 素材と着色料を混ぜてしまうため、
目に染料が溶け出してしまう危険性もあります。

まとめ

いかがでしたか。現在のカラコン製法はどれも安全性は高いですし、
『高度管理医療機器』の許可を得たカラコン、販売店でしか販売できないので、
そこまで心配することもありませんが

より安全性を求めるのならばサンドイッチ製法、
つけ心地を重視するのならキャストモールド製法のカラコンを
使ってみると良いかもしれませんね!