カラコンすると目が乾きませんか?そんなときの2つの対処法!

megusuri

日常の生活の中でも使いやすいカラーやデザインの登場により
毎日のようにカラコンを愛用されている方も多いかと思います。

ですが、カラコンを愛用されている方の中には、
目の乾燥にお悩みの方がいるようです。

いったいどうしてカラコン装着中に目が乾わいてしまうのか?
今回はカラコンと目の乾燥についていろいろとご紹介したいと思います。

カラコンとドライアイ

もともとドライアイの方や、パソコンやスマートフォンなどの画面を
長時間見ていますと目が乾いてしまいますが、
さらにカラコンをしているともっと目が乾いてきます。

こういった原因は、皮膚が呼吸をしているように、目も呼吸をしており
カラコンを装着していることで目に酸素が届きにくくなっているからなのです!

また、カラコンの着色が酸素透過率を下げるので
普通のコンタクトレンズよりも目が乾くといった声が多いです!

乾いたときの対処法!

それでは目が乾燥してしまったときはどうすればいいのかを
いろいろとあげていきますと

1.目薬をさす

やはり手っ取り早く目にうるおいを与えるのであれば目薬が一番です!
あっ、でもここで気をつけなければならないのが必ず
コンタクトレンズに対応しているかどうかです!

裸眼用とコンタクト用の目薬では成分が変わってきます。
通常の裸眼の時に使用できる薬剤は数分で流れ去るようになっているのですが、
コンタクトレンズをしているとレンズに薬剤が染み込んでしまう為に
炎症を起こす危険性があるのです!

なので必ずコンタクトレンズ用の目薬を
使用する様にしましょう!

2.まばたきの回数を増やす

カラコンをつけていると、目の表面を覆っている水分のが蒸発しやすくなるので
どうしても目が乾燥しやすくなってしまいます。そして、そんな状況下において
スマホやパソコンなどを長時間使用の場合、作業に集中するあまり、
瞬きの回数が減ることが多くなり目が乾燥してしまうのです。

こういった時には意識的にまばたきをする様にしましょう!

まばたきをする事で目から涙が分泌され目の乾燥を防ぐ事が出来
目の表面はうるおいを保つ事ができるのです!

また、目が乾燥しやすいかたは含水率の高いレンズを選んでしまうと
目の水分を吸収してしまうため目が乾燥しやすくなってしまいますので
こういった事もふまえてカラコンを選ぶようにしましょう!