カラコンの含水率!?メリットとデメリットを理解して自分にあったものを選びましょう!

含水

コンタクトレンズを購入する際によく耳にする『含水率(がんすいりつ)』!
水分が含まれている数値で含水率が高いほうが目に良さそう…など

何となくそんな風に思っている人も多いのではないでしょうか。
もちろん一般のコンタクトレンズだけでなくカラコンにもこの
含水率は関係しています!

今回は、カラコンの含水率についてメリット、デメリットなど
いろいろとご紹介していきたいと思います!

低含水率と高含水率

含水率というのは、皆さんご想像の通りコンタクトレンズに含まれる水分の割合の事です!
この割合の低めのものを『低含水率』、高いものを『高含水率』とを一般的によんでいて

1dayの使い捨てカラコンは高含水率のレンズが多く
基準としては含水率50%以上のものを高含水率と呼ばれています!

メリットとデメリット

含水率が高いから良いといった事ではありません!
もちろん含水率が低いから悪いといったことでもありません。

高含水率も低含水率もメリットとデメリットがあります。
どちらを選ぶかは目の状態に合わせるのが一番です!

それぞれのメリットとデメリットをまとめました!

低含水率レンズ

メリット…

低含水率のカラコンはレンズの厚みが薄く作られている場合が多く
長時間つけていても比較的水分の蒸発が少なく、目が乾きにくいです!
目が乾きやすい、ドライアイや涙が少ない人は低含水レンズがおすすめです!

デメリット…

酸素通過率が低く、フィット感が少ないです!酸素不足になりやすいので、
角膜は傷つきやすい状態になってしまう恐れがあります。

高含水率レンズ

メリット…

酸素透過率が高いので、多く酸素が行き渡って目が呼吸できるので、角膜に優しいです!
水分が多くて目が潤いレンズが目になじみ易く、瞳に対して自然な動きをします!
つけたばかりのときは目がゴロゴロしにくいのが特徴となります!

デメリット…

レンズ自体が水分を必要とし、瞳のたくさん涙を吸収してしまうので、
長時間つけていると目が乾きやすく、レンズを外しにくくなる恐れがあります。

まとめ

いかがでしたか。一般的には涙が少ない人は低含水率レンズ、
涙が多い人は高含水率レンズが合っているといわれていて

低含水率レンズは目が乾きにくく、高含水率は目に優しいとも
いわれております!

また、高含水率のレンズは酸素透過率が高くなります!しかし
これはあくまで素材のみで比較した場合となり、

実際のレンズの酸素透過率は、含水率の他にレンズの厚みが大きく関係しており
同じ素材で比較した場合にはコンタクトレンズの厚さが半分になれば
酸素透過率は2倍になるとされているのです!

そして、含水率が異なる素材で同等の強度をもつレンズを作ろうとした場合は
高含水レンズはレンズが厚くなり、低含水レンズはレンズを薄くする事ができるのです!

レンズは薄い方が酸素透過率が高くなるため、ようするに
含水率の数値だけでレンズの良し悪しを判断することはできないのです!

現在たくさんのカラコンが販売されておりますが
自分の気に入ったデザインでも、安全に使用出来るかを
意識して自分にあったカラコンを探して下さいね!

カラコンの構造!製造方法の長所と短所を理解して安心安全を手に入れよう!!

製法

直接目に触れるものだから当然負担がかからないカラコンを使いたいですよね。
安心安全にカラコンを利用する為には「製造方法」が一番大切だといわれています。

見た目やかわいさなどデザインに意識がいきがちですが
目の病気にはなりたくないですよね!

ここでは安全なカラコンを選んでもらう為に
製造方法をいろいろとご紹介したいと思います!

サンドイッチ製法

カラコンの色素をレンズとレンズの間に流し込んで挟み、
カラコンを作成する製法です。

長所 … 色素が直接目に触れることがなく色素の流出を防ぎます。
その事で角膜が炎症を起こす可能性が低くなり

短所 … 2枚のレンズで挟むためにレンズは厚めになりがちです。
そのため、装着感がゴロゴロする場合があります。

フルキャストモールド製法

フルキャストモールドはサンドイッチ製法の後に開発されたもので
一枚の透明レンズの中に着色レンズを包み込むようにいれた製法です。

長所 … 色素部分をしっかりとコーティングしており、着色料が漏れ出て
角膜に付着する可能性が低いです。また薄いので着け心地がイイです。

短所 … レンズの元の素材と着色を混ぜてから製法するので、
かなり精密な技術が必要!その為に費用もかかりますが、
不良品だった場合は着色料が目に流れ込む危険性もあります。

スピンキャストモールド製法

回転する円状のくぼみの中にレンズの素材(液体状のもの)を流し込んで
遠心力でレンズを作る製法で回転中にカラコンの着色料を流し込んで
レンズ内部に着色料が入ります。

長所 … サンドイッチ製法に比べて中心部がやや薄めになっているので
目に違和感や圧迫感はほとんどなく、酸素の透過しやすいです。
また、着色料はレンズの中に閉じ込められ、直接目に触れる心配がないです。

短所 … 不良品だった場合は着色料が目に流れ込む危険性があります。

キャストモールド製法

レンズの素材と着色料を専用の機器で混ぜてレンズを作成する製法で
色素が直接目に触れないように、しっかりとコーティング(ラップイン)してから
レンズ素材に流し込みます。

長所 … 薄くて柔らかいレンズとなる為に着け心地が良いです。

短所 … 素材と着色料を混ぜてしまうため、
目に染料が溶け出してしまう危険性もあります。

まとめ

いかがでしたか。現在のカラコン製法はどれも安全性は高いですし、
『高度管理医療機器』の許可を得たカラコン、販売店でしか販売できないので、
そこまで心配することもありませんが

より安全性を求めるのならばサンドイッチ製法、
つけ心地を重視するのならキャストモールド製法のカラコンを
使ってみると良いかもしれませんね!

カラコンすると目が乾きませんか?そんなときの2つの対処法!

megusuri

日常の生活の中でも使いやすいカラーやデザインの登場により
毎日のようにカラコンを愛用されている方も多いかと思います。

ですが、カラコンを愛用されている方の中には、
目の乾燥にお悩みの方がいるようです。

いったいどうしてカラコン装着中に目が乾わいてしまうのか?
今回はカラコンと目の乾燥についていろいろとご紹介したいと思います。

カラコンとドライアイ

もともとドライアイの方や、パソコンやスマートフォンなどの画面を
長時間見ていますと目が乾いてしまいますが、
さらにカラコンをしているともっと目が乾いてきます。

こういった原因は、皮膚が呼吸をしているように、目も呼吸をしており
カラコンを装着していることで目に酸素が届きにくくなっているからなのです!

また、カラコンの着色が酸素透過率を下げるので
普通のコンタクトレンズよりも目が乾くといった声が多いです!

乾いたときの対処法!

それでは目が乾燥してしまったときはどうすればいいのかを
いろいろとあげていきますと

1.目薬をさす

やはり手っ取り早く目にうるおいを与えるのであれば目薬が一番です!
あっ、でもここで気をつけなければならないのが必ず
コンタクトレンズに対応しているかどうかです!

裸眼用とコンタクト用の目薬では成分が変わってきます。
通常の裸眼の時に使用できる薬剤は数分で流れ去るようになっているのですが、
コンタクトレンズをしているとレンズに薬剤が染み込んでしまう為に
炎症を起こす危険性があるのです!

なので必ずコンタクトレンズ用の目薬を
使用する様にしましょう!

2.まばたきの回数を増やす

カラコンをつけていると、目の表面を覆っている水分のが蒸発しやすくなるので
どうしても目が乾燥しやすくなってしまいます。そして、そんな状況下において
スマホやパソコンなどを長時間使用の場合、作業に集中するあまり、
瞬きの回数が減ることが多くなり目が乾燥してしまうのです。

こういった時には意識的にまばたきをする様にしましょう!

まばたきをする事で目から涙が分泌され目の乾燥を防ぐ事が出来
目の表面はうるおいを保つ事ができるのです!

また、目が乾燥しやすいかたは含水率の高いレンズを選んでしまうと
目の水分を吸収してしまうため目が乾燥しやすくなってしまいますので
こういった事もふまえてカラコンを選ぶようにしましょう!

サークルレンズって何?カラコンとは一体どういった違いがあるの?

サークル

視力が悪いからって理由だけでなく、今では瞳の大きさや色でかなり印象が変わるので
オシャレの一つとしてカラコンやサークルレンズを愛用している人もたくさんいますが

カラコンやサークルレンズの違いってあるのでしょうか。
コンタクトレンズにあまり詳しくない方やカラコンを使用しない方は
そもそもサークルレンズというレンズがあることすら知らないかも知れませんよね!

今回はカラコンとサークルレンズの違いについて説明していきたいと思います!

レンズの役割

カラコンとサークルレンズは、当たり前ですがどちらもコンタクトレンズですね。
そして、どちらも視力を矯正するために度を入れる事ができるようになっております!

もちろん視力の悪くない人の場合は両方とも度なしもありますので
オシャレで入れる事もできるのですが…

それではいったいカラコンとサークルレンズの
何が違うかといいますと

ズバリ役割です!

要するに
カラコンは瞳そのものの色を変えるためのレンズ
サークルレンズは目をくっきりと見せるためのレンズなのです!

カラコンは色のバリエーションが非常に豊富で、
レッド、ブルー、イエロー、グリーンなど、
定番な色ならすべて揃っていて、色がカラフルという特徴があります。

一方、サークルレンズは全体的に色調が薄めで
基本的に黒系や茶系のナチュラルな色のレンズが多いです。

サークルレンズの役割は瞳の色を変えるのではなく、
瞳をはっきりさせたり、少し大きくしたりするために使い

カラコンに比べ遥かに見た目が自然なので、
さりげなく瞳のオシャレをすることが出来るのです!

目にある程度の奇抜さをもたらしたいないらカラコンが良く
会社にも付けていける範囲内で目にオシャレをしたいなら、
サークルレンズを選択するといいでしょう。

信頼性の違い

レンズの役割以外でもカラコンとサークルレンズには、
異なる点があるんですがそれは、取り扱いメーカーの違いです!

大手メーカーはカラコンは製造していないのですが
サークルレンズは作っている場合が多く
カラコンよりサークルレンズの方が信頼性が高い様に思えます!

どれが良くてどれが悪いと言う事は一概には言えないのですが
目にレンズを入れるというのは少なからず危険を伴う行為です。

よって、きちんと安全性が確認できかつ
信頼できるメーカーの製品を使う事が大切です!

まとめ

いかがでしたか。今の主流はサークルレンズのような気がしますよね。
アイメイク感覚でカラコンを楽しむ人が多く、
学校や職場でも違和感なく付けられる、自然な色が人気なんです。

カラコンは、瞳の色を変えるもの。これに対してサークルレンズは、
自然な色のまま、瞳を大きく見せてくれるものです。

違いと言っても、今ではサークルレンズも含めて「カラコン」と呼ぶ事も多く、
カラコンもサークルレンズも同じものとされている様なものかもしれませんよね!

カラコン用語の説明!BCって?DIAって?きちんと理解してから通販を利用しましょう!

hatena

インターネットで気軽にカラコンを購入出来る様になったものの
いざ注文しようにもBCやらDIAやら何の事かさっぱり分からない方も
少なくないかと思います!

今回はそういった方の為によく使われるカラコン用語を
ご紹介したいと思います!

カラコン用語一覧

BC BCとはBase Curve(ベースカーブ)のことでレンズのカーブの度合いを示す数値です。数値が大きいほどカーブがゆるく、小さいほど小さくなります。ソフトレンズの場合は数値を合わせなくても大丈夫なことが多いですが、BCが合わないとレンズを装着した際にレンズがずれたり、目が痛むことがあります。まずは眼科を受診し、自分のBC(ベースカーブ)の数値を確認しておきましょう。
DIA DIAとはDiameter(ダイアミターorダイアメーター)の略でコンタクトレンズの直径を表す数値の事で、メーカーによって多少変わってきます。
L/R LはLeft (左目用)、RはRight(右目用)という意味です。左右の度数が違う場合の場合は注意して下さいね!
PWR PWRとは度数(Power)の略で、レンズの度の強さを示す数値です。多くの場合0.25づつ変わり-1.00、-1.25などで表示されます。−の数値が大きくなるほど度数が強くなります。0.00は度なしという意味になります。
含水率 コンタクトレンズが含んでいる水分の割合の事をいいます。普通の素材の場合は、含水率が高いほうが酸素を通しやすくて良いのですが、シリコーンハイドロゲル素材の場合は、含水率が低い方が、より多くの酸素を目に通すことができ良しとされます。
着色直径 着色直径とは、着色部外径ともいいレンズの色がついている部分の直径を表す数値となり、デカ目にしたいのであれば、この着色部外径が大きいものを選びましょう。

いかがでしたか。言葉の意味をしっかりと理解して
安全にカラコンを使用する様にしましょう!